fbpx

自己肯定感と自尊心、自信、自己愛、ナルシストの違い

自己肯定感と自尊心、自信、自己愛、ナルシストの違いを考えてみました。

自己肯定感と自尊心

自己肯定感と似た意味の言葉で「自尊心」というものがあります。自己肯定感と自尊心の違いはなんでしょう?

さまざまな解釈がありますが、英語で考えると自己肯定感も自尊心も「セルフエスティーム(self-esteem)」と訳されます。ちなみに「セルフエスティーム(self-esteem)」には自己肯定感、自尊心だけでなく、自尊感情、自己評価、自己有用感、自己重要感なども含まれます。

ここから自己肯定感も自尊心もおおよそ同じ意味と考えています。

自己肯定感と自信

自己肯定感と自信の違いはなんでしょう?違いはどういった状況で自分を信じるかということにあります。

自信は何かをやり遂げられるという結果、自分を信じるという、能力や結果に頼った自分の価値です。

自己肯定感は、何もしない状況でもありのままの自分を受け入れて認めることです。

自信とは自己肯定感という土台の上に作られるものです。

自己肯定感と自己愛

自己肯定感と自己愛の違いはなんでしょう?自己愛に関しては、自尊心同様、さまざまな解釈があります。自己愛そのものが悪いものという考えもあります。ここでは私の解釈を紹介します。

自己愛とは「自分を愛すること」

自己愛を「自分を愛すること」と考えれば、これは人間にとって必要なものです。自分だと認めることができること、自分が自分の味方になれること、これは私たちが生きていく上で欠かせないものだと思います。

おさらいになりますが、自己肯定感とは、自分の存在自体を自身で愛おしいと思え、自分自身を本当の意味できちんと大切にできる感覚のことです。それは何ができるか?何を持っているか?人と比べて何かが優れているか?といった、自分の能力や才能や何かの成果に左右されることはありません

ここまでの説明だと、自己肯定感と自己愛は同じと考えても良さそうですね。

自己愛が強い=不健全な状態

自己愛が悪いものではなく、「自己愛が強いこと」が問題なのです。自己愛が強い=自己肯定感が高すぎる=不健全な状態です。自己愛が強い人の特徴は自己肯定感が高すぎる人の特徴と良く似ています。

自己愛が強いと、自分と他人を比較して、良い部分や肯定的な部分を前面に押し出し、悪い部分や否定的な部分を隠します。そのため、虚勢をはったり、嘘や言い訳が多くなります。

自己愛が強いと自己中心的になり、人付き合いを損得で決めたり、他人に自分の意見を押し付けたり、相手の意見を受け入れないようになります。

自己愛が強いと、常に自分が正しい、自分が上の立場でいたいという思いが強くなるのです。そのため、他人を信じたり、他人のために行動したり、他人の愛を受け取ったり、他人を許したりすることができないのです。

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛が強くなりすぎた状態が、自己愛性パーソナリティ障害と呼ばれるものです。

自己愛性パーソナリティ障害の人は、「自分は特別で重要な存在である」という感覚を強く持っています。常に自分の能力を過大評価し、自分は褒められて当然である、自分を理解できるのは特別な人だけだと思っています。

一方で、他人の努力や貢献は過小評価し、相手の気持ちに共感できないため、人間関係の問題を抱えやすい傾向にあります。

自己愛性パーソナリティ障害の症状

・人より優れていると信じている
・権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす
・業績や才能を誇張する
・絶え間ない賛美と称賛を期待する
・自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する
・人の感情や感覚を認識しそこなう
・人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する
・人を利用する
・劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる
・嫉妬されていると思い込む
・他人を嫉妬する
・多くの人間関係においてトラブルが見られる
・非現実的な目標を定める
・容易に傷つき、拒否されたと感じる
・脆く崩れやすい自尊心を抱えている
・感傷的にならず、冷淡な人物であるように見える

Wikipedia

「自己愛性」という名称からは「自分大好きな人たち」という印象ですが、実際は「ありのままの自分を愛せない」障害です。ありのままの自分が嫌いなため、過剰に「本当の自分はすごいんだ!」と思ってしまっているのです。

自己愛性パーソナリティ障害の人はここ10年で2倍に増え、16人に1人があてはまるという調査結果が出ているそうです。

Wikipedia

自己肯定感が高いと自己愛が強いは正反対

健全に自己肯定感が高い人は、自分に対して持っている「自分は大切な存在」「自分はかけがえのない存在」という、言いかえれば「尊重」という感覚を、他人に対しても同じように持つことができます。ですから、自己主張が強い、自分勝手、傍若無人、自己愛は強いけど他人への愛がない、高慢などといった言動にはならないのです。

他人のために行動することが喜びとなり、愛を与え、受け取ることができ、感謝とともに常に幸せな気持ちを感じていられるのです。

つまり、自己肯定感が高い人と自己愛が強い人というのは、正反対の関係と言えるのです。

自己肯定感とナルシスト

ナルシストには2つのタイプがあります。

1つ目は、一般的なナルシストのイメージである自信たっぷり、常に人の上に立ちたい、自分の思い通りに人を動かしたいという支配欲や独占欲が強く、目立ちたがり屋です。

2つ目は自己肯定感の低いナルシストで、自分を特別扱いしてほしいという願望がありますが、能力が伴っていないため、周囲からの特別扱いされません

そのため、人を引きつけるために、被害者のように振る舞います。同情を買うような言動を繰り返したり、他人を羨ましがり、それに比べて自分はあれもない、これもないと「私は可哀想=悲劇のヒロイン」になるのです。

ナルシスト(narcist)とは「自己愛に陶酔する人」という意味の言葉です。ということは前述した自己愛が強い人というのがナルシストと考えて良さそうです。

「自己肯定感タイプ診断」では、あなたが以下のどのタイプに該当して、そのタイプが自己肯定感にどのような影響があるのかをホロスコープを使って診断いたします。

自己肯定感タイプ診断
自己肯定感と自尊心・自信・自己愛・ナルシスト
最新情報をチェックしよう!