fbpx
CATEGORY

コラム

    それ「自分いじめ」ですよ-後編

    いじめとは、様々な暴力的な言動によって、相手の身体や感情・気持ちを傷つける行為です。 他人からのいじめは相手を無視する、または転校・転職するなどして環境を変えれば回避することができますが、「自分いじめ」はいじめる相手と四六時中一緒にいるようなもので、逃げようがないためより深刻なのです。 今回は「自分 […]

      それ「自分いじめ」ですよ-前編

      いじめとは、様々な暴力的な言動によって、相手の身体や感情・気持ちを傷つける行為です。 他人からのいじめは相手を無視する、または転校・転職するなどして環境を変えれば回避することができますが、「自分いじめ」はいじめる相手と四六時中一緒にいるようなもので、逃げようがないためより深刻なのです。 「自分いじめ […]

        これはNG!あなたの自己肯定感を低くする6つの習慣

        習慣とは、特別な意志を持たずとも定期的に繰り返し行っている行動のこと。一所懸命、自己肯定感を高めるための行動を実践しても(自己肯定感を高める方法&習慣)、自己肯定感を低くする習慣があるとアクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるようなもので、一向に自己肯定感が高くなりません。多くの人が無意識やってしま […]

          続ければ自己肯定感が高まる「毎日の小さな5つの習慣」

          自己肯定感が低い人が、自己肯定感を高めようと行動を始めると、真面目な性格が災いして、あれもこれもちゃんとしようと思うため、自分を追い詰めたり苦しくなったりしてしまうようです。そこで日々の生活に取り入れやすい、自己肯定感を高める小さな習慣をご紹介します。 習慣1 鏡やガラスに自分が映ったら笑ってみる […]

            これが「自分ファースト」の生き方

            自己肯定感を高めるために、自信を持つために「自分ファーストの生き方」を意識しましょう。自分ファーストの生き方は、自分さえよければ他人はどうでもいいという自分勝手な生き方ではありません。自分ファーストの生き方は自分の価値観・情熱・本能に忠実に生きることです。詳しく説明していきます。 1.自分に責任をも […]

              自己肯定感が低いと罪悪感を感じやすい⁉

              「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本‐読む自己肯定感」で取り上げた罪悪感について、自己肯定感の低さとの関係を深めてみました。 罪悪感とは 罪悪感とは「罪を犯した、悪いことをした」と思う気持ちのことです。 罪悪感7つのタイプ 「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本 […]

                自分を知らないと人生で損をする7つの理由

                自己肯定感を高めるため一番大事なことは【自分を知ること】自分を知ることは自己肯定感を高めるだけでなく、沢山の効果があります。 逆に自分を知らないと損しかないのです。自分を知らないと人生で損をする7つの理由をご紹介します。 1.常に自分を卑下する 自分のことを知らないということは、自分の長所や得意なこ […]

                  自分を犠牲にしてしまう人の12の特徴~自己肯定感と自己犠牲の密接な関係

                  「私が我慢すれば…」こんなふうに考え、知らず知らずのうちに自分を犠牲にしてつらい思いをしていませんか? 自己犠牲とは? 自己犠牲とは、何らかの目的や他者の為に、自分の時間・労力・身体・生命を捧げる(=犠牲)にする事です。ようは、自分の利益よりも他人の利益を優先して行動すること。 日本では、「自己犠牲 […]

                    自己肯定感と自分軸・他人軸

                    自己肯定感が低い人は他人軸でもあるのです。自己肯定感が低いから他人軸になってしまうし他人軸だから自己肯定感が低くなってしまうとも言えます。 自己肯定感を高めるためにも「自分軸」を意識してみましょう。 自分軸と他人軸 自分軸とは 「自分軸がある」というのは言いかえると「自分の信念がある」ということ。信 […]

                      こんな時どうする?自己肯定感が高い人と低い人の違い

                      「自己肯定感は高い方がいい」とわかっていても、自己肯定感が高い人と低い人ではどのような違いがあるのかわかっていない人も多いはず。日常生活でどんな対応の違いがあるのかをシーン別にまとめてみました。 自己肯定感とは 自己肯定感は心の土台 自己肯定感とは、自分の存在を愛おしいと思え、自分自身を本当の意味で […]