fbpx

自分を知る方法‐column

自己肯定感を高めるため一番大事なことは【正しく自分を知ること】とお伝えしてきました。
自己肯定感を高める方法&習慣 その前に…
自己肯定感を高める18の方法&習慣 1~3

では自分を知るためにはどうすればいいのかお伝えします。

「自分のトリセツ」がないことを例えるならば…
すっごく魅力的なPCを買ったけど、取扱説明書がないため使い方がわからなくて放置。ほこりかぶっています…って状態です(T_T)

なくても何となく使いこなせるPCを
「え?!こんな使い方もできるの?」
「こんなすごい機能があったの?」
その能力を発揮させてくれるのが「トリセツ」です。

トリセツがないから自分の魅力がわからない

このPCを「あなた」に置き換えてみてください。
トリセツがないから、自分の魅力がわからない。
自分のことなのに扱うことができない。

だから
魅力のないわたし。
才能のないわたし。
価値のないわたし。
「どうせ私なんて…」が口癖になってしまうのです。

「他人のトリセツ」では幸せにはなれない

「自分のトリセツ」がないと、「他人のトリセツ」で生きようとします。
他人の真似をする、合わせるということです。

私の身体に合わせて作ったオーダーメイドのワンピースが、あなたにに合うはずがないように、私のトリセツはあなたには合わないのです。

血縁関係があっても無理ですよ。
あなたのお母さんのトリセツで、あなたがあなたらしく生きることはできないのです。

MacのPCのトリセツがWindowsで使えないし
東芝のPCのトリセツはSONYでは使えないのと同じ。

「他人のトリセツ」で生きてはダメ

誰かとの良い関係のために、相手のトリセツで生きようとする人がいますがこれはNG!
絶対、絶対ダメです!

誰かとの良い関係のために、自分のトリセツの中で変えることのできる部分を探し、そこを調整していくのです。

ただあまりにも大幅な調整、例えば…
MacがWindowsになっちゃう
東芝がSONYになっちゃう
みたいなものは、もはや調整ではなく改造?改修?なので無意味。

MacがWindowsになるほど
東芝がSONYになるほど
調整しないと関われない相手とは関わらなくていいのです。

自分を知ることの大切さを理解いただいたと思うので、自分を知る方法をお伝えしていきますね。

自己肯定感を高めるために自分を知る方法

自己分析

まずは自己分析です。
良いこと、悪いこと、好き、嫌い…そんなジャッジは不要です。
とにかく自分に関係することをどんどん書き出していきましょう!

と言われても、いきなり書けないものですよね(^_-)-☆
なので、テーマを挙げますね。

☆好きなこと
☆やりたいこと
☆嫌いなこと
☆やりたくないこと
☆得意なこと
☆苦手なこと

この6つの項目で書いてみてください。

かぶることもあると思いますが、それでもいいので、各項目50ずつは書いてほしいです。
素敵なノートを用意すると書くモチベーションがあがりますよ♪

意外と書けないと思いますが、焦らずにゆっくりと…
毎晩の習慣にしてもいいですね。

1日10分でも15分でも、本当は30分くらいが理想だけど
自分と向き合う習慣ができると、自分信頼に繋がっていきますよ。

自分の「嫌い」に向き合おう

嫌い&やりたくないこと&苦手なことを考える(書く)のは、ネガティブだから良くない!と思う人がいるのですが…そう思いますか?
自分の嫌い&やりたくないに向きあうことは、決してネガティブなことではありません。とても重要なことです。

嫌いのエネルギーは大きい

なぜなら、嫌いのエネルギーは、好きのエネルギーよりもずっと大きいからです。

好きというだけで恋人を選んでも、仕事を選んでも、嫌いなことに遭遇した瞬間に、好きが消え去ってしまうのです。

例えば…
合コンで素敵な男性に出会いました。
名刺を見ると、上場企業な会社の役職のついた人!

上場企業 1点
役職 1点
イケメン 1点
(笑)
というように点数が付くはずです、無意識に。

その日、話も盛り上がり、週末にデートの約束をしました。

デートの当日。
待ち合わせ場所に現れた彼の私服がダサい… マイナス3点
連れて行ってくれたお店が居酒屋… マイナス3点

すっかりテンションが下がって、次の約束はしませんでした。
なんて経験ありませんか?(笑)

極端な例かもしれませんが、言いたいことは、嫌いのエネルギーと好きのエネルギーは同じではないということです。

嫌いのエネルギーは、好きを一瞬で消し去ってしまうほど強力なので、しっかり知っておく必要があるのです。

さて、自己分析したら、次のステップは他者に分析してもらいましょう。

他者分析

家族、親友、パートナーなど信頼のおける人と一緒に、良いところ、悪いところの意見交換をしていけるといいですね。
近くにいる人からの意見は『うんうん』となるのですが、1つ注意してほしいことがあります。

個性をジャッジする2つの感情

他人があなたの個性に良い悪いのジャッジをするとき、そこには2つの感情が関わっているのです。

1つ目は、同じ又は合っている又は都合が良ければ『良い』、違う又は合っていない又は都合が悪ければ『悪い』です。

2つ目は、その人があなたをどう思っているかということです。好き嫌いはもちろんのこと、相手が子どもの場合、親や教師やその他の大人にはしつけや教育という役割があり、その役割も関係することがあります。

ジャッジは主観であり事実ではない

例えば母親に「あなたの行動は遅い」と言われたとします。これは母親の時間感覚(=主観)による発言です。母親がせっかちな人だと「あなたの行動は遅い」となるし、母親とあなたの時間感覚が同じならば、遅いとは言われないのです。このジャッジに客観性はありません。

なので、他人の意見は貴重ですが、100%は真に受けない。50%くらい参考にすればいいです。

自己肯定感を高めるために自分を知る方法

統計学は自分を知るツール

私も自分を知るために、自己分析・他者分析をしました。
でも、これだけでは納得できるほど自分を知ることはできませんでした。

そこで、次に私が手を出したのが統計学です。

統計学というと難しい感じですが、みなさんが大好きな占いはその1つなのですよ。
占星術・数秘術・血液型・動物占いなどなどなど、沢山ありますね。
やったことのあるものはありますか?

これらを、占いとしてではなく、自分を知るツールとして使ってみると面白いですよ!!
それぞれ別のものなのに、似たような結果(性格や個性)がでるからです。

ホロスコープを読み解いて「トリセツ」を手に入れた

私は一通りふれて「占星術」の魅力に取り付かれてしまいました。

現実的なようで理想的なわたし。
考えが巡るわたし。
厳しい優しさのわたし。
そして愛する息子と離れることになった29歳。

全ての答えが占星術で用いるホロスコープの中にあったのです。
ホロスコープの中には、私の魂がどのような才能を持ち、何を目指し、どのような人生を送ろうとしているのか、その情報が詰まっていたのです。

私は占星術に出会い、自分のホロスコープを読み解いたことで、自己分析では知り得なかった自分に出会い、自分をより深く理解し受け入れることができるようになりました。
「自分のトリセツ」を手に入れたと感じました。

「自分自身」の才能に気付き、より自分の存在を愛おしく思えるようになりました。
そして他者への理解も深まり、不安や悩み、人間関係のトラブルがなくなりました。

自分を知るために

ここで書いたことは、私が実際に行った方法です。
自己分析も他者分析も有用です。その上で、統計学を利用するとさらに自分を深く知ることができます。

「自己肯定感タイプ診断」では、あなたが以下のどのタイプに該当して、そのタイプが自己肯定感にどのような影響があるのかを診断いたします。

自己肯定感タイプ診断
自分を知る方法・私のトリセツ
最新情報をチェックしよう!