fbpx
TAG

自己肯定感が低い

    ところで…「自信」てなに?

    「自信がない」「自信を持ちなさい」「自信がある」このサイトでも、これらの言葉がよく出てきますが、そもそも、自信がどういうものなのかわからない人も多いのではないでしょうか?今回は自信とは何なのかについて解説していきます。 自己肯定感と自信の違い 自己肯定感と自信の違いはなんでしょう?違いはどういった状 […]

      自己肯定感が低いと罪悪感を感じやすい⁉

      「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本‐読む自己肯定感」で取り上げた罪悪感について、自己肯定感の低さとの関係を深めてみました。 罪悪感とは 罪悪感とは「罪を犯した、悪いことをした」と思う気持ちのことです。 罪悪感7つのタイプ 「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本 […]

        お客様の声-5

        小泉式 自己肯定感改善メソッド (自己肯定感を高める7日間カウンセリング) を受けられた方からいただいた喜びのメッセージです。 香里さん42歳 京都府 私の中に眠っていたものが起きた感覚 (カウンセリング7回目) 今回のカウンセリングのゴールイメージが、もう迷わない!私は私のままでいく!!と、力強い […]

          自分を犠牲にしてしまう人の12の特徴~自己肯定感と自己犠牲の密接な関係

          「私が我慢すれば…」こんなふうに考え、知らず知らずのうちに自分を犠牲にしてつらい思いをしていませんか? 自己犠牲とは? 自己犠牲とは、何らかの目的や他者の為に、自分の時間・労力・身体・生命を捧げる(=犠牲)にする事です。ようは、自分の利益よりも他人の利益を優先して行動すること。 日本では、「自己犠牲 […]

            自己肯定感と自分軸・他人軸

            自己肯定感が低い人は他人軸でもあるのです。自己肯定感が低いから他人軸になってしまうし他人軸だから自己肯定感が低くなってしまうとも言えます。 自己肯定感を高めるためにも「自分軸」を意識してみましょう。 自分軸と他人軸 自分軸とは 「自分軸がある」というのは言いかえると「自分の信念がある」ということ。信 […]

              こんな時どうする?自己肯定感が高い人と低い人の違い

              「自己肯定感は高い方がいい」とわかっていても、自己肯定感が高い人と低い人ではどのような違いがあるのかわかっていない人も多いはず。日常生活でどんな対応の違いがあるのかをシーン別にまとめてみました。 自己肯定感とは 自己肯定感は心の土台 自己肯定感とは、自分の存在を愛おしいと思え、自分自身を本当の意味で […]

                生き辛いOLですが自己肯定感を高めたら生きるのがラクになりました。‐読む自己肯定感

                このコーナーでは自己肯定感に関する本や論文などを”ななめよみ”しています。今回は書籍「生き辛いOLですが自己肯定感を高めたら生きるのがラクになりました。」をななめよみ。 「自分は何もできない」「ダメなやつだ」と思ってしまいがちなあなたへ 自己肯定感が低い人は、自分ができたこと(成功)よりも、できなか […]

                  自己肯定感が高い人が使う5つの口癖

                  自己肯定感が高い人と自己肯定感が低い人の違いはいろいろありますが、わかりやすい違いと言えば「口癖」です。 自己肯定感の低い人はネガティブな言葉を多用しているため、それが脳にネガティブな意識を植え付け、さらに自己肯定感を低くしてしまうのです…。 今回は自己肯定感が高い人が使う5つの口癖をピックアップし […]

                    自己肯定感が低い人が使う7つの口癖

                    自己肯定感が高い人と自己肯定感が低い人の違いはいろいろありますが、わかりやすい違いと言えば「口癖」です。 自己肯定感の低い人はネガティブな言葉を多用しているため、それが脳にネガティブな意識を植え付け、さらに自己肯定感を低くしてしまうのです…。 自己肯定感が低い人が使う7つの口癖をピックアップしてみま […]

                      自己肯定感の低い人が幸福度も低い7つの理由

                      自己肯定感が低い人は「幸福度も低い」傾向にあります。いつも不安でうつむきがち…楽しそうには見えません。なぜ自己肯定感が低い人が幸福度も低いのか?主な理由は7つあります。 1. 精神的に不安定 他人の目が気になる 自己肯定感が低い人は、自分に自信がないため常に他人からの評価を重視してしまいます。そのた […]